ゆうパックや書留の追跡結果「中継」とは?中継から動かない対処法

日本郵便(郵便局)の追跡結果にある「中継」とは、”ゆうパックが輸送途中の経由地になる大きな郵便局を荷物が通過した”という意味です。

「中継」のまま動かないのは、移動中ということ

郵便物は、地域の集配を担当する郵便局から届け出先の集配を担当する郵便局に直接届けられるのではありません。各地域の大きな中継局にいったん荷物が集められ、各地域の大きな郵便局に向けて荷物が振り分けられていきます。

ゆうパックの追跡結果に表示されるステータスは、「引受」→「中継」→「到着」→「お届け先にお届け済み」という流れですが、荷物を運搬している最中は「移動中」といった表示はなく、中継のままで表示が動かないのです。ちなみに、「引受」「到着」は荷物の集配をする郵便局、「中継」はその郵便局をまとめている大きな郵便局での状況になります。

「中継」の後、受け取りまでの日数は?いつ届く?

ゆうパック 追跡

残念ながら、中継局を経由した荷物がいつ届くのかは、追跡結果だけではわかりません。お届け先に近い中継局を通過した場合は1日以内に届きますが、距離がある場合は到着までに時間がかかります。

ゆうパックや書留郵便の配達にかかる日数を日本郵便の公式サイトで確認して、追跡結果から受け取り日の目安を予測してみると良いでしょう。

ゆうパックなど郵便物は中継局で受け取りができない

少しでも早く荷物を受け取りたい場合、自宅や会社に配達されるのをじっと待つより、自分が中継局に行って受け取りたいと思いますよね。でも次の理由で、「中継」の郵便局で宅急便や郵便物を受け取ることはできません。

郵便物は”差出人が書いた住所に届けるという契約”になっていて、お届け先の住所に届けられるまでは荷物の所有者が差出人なのです。自分がネットショップで購入して支払いを済ませた商品でも、その郵便物の所有権はお店という訳なのです。

どうしても中継局で受け取りたい場合は、差出人に受け取り場所の住所変更をお願いして、差出人から日本郵便に「郵便局留め」で住所変更ができるかどうか問合せをしてもらいましょう。

「中継」は検索結果に2回以上出ることがある

ゆうパック 中継
例えば次の追跡ステータスのように、兵庫県神戸市から沖縄県中頭郡まで遠方に発送する場合、到着までに3回の中継を経ています。そのたびに追跡ステータスが「中継」と表示されますが、トラブルが発生したというわけではありません。

 

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
2018/03/28 14:26 引受 有野郵便局 兵庫県
2018/03/28 20:50 中継 神戸中央郵便局 兵庫県
2018/03/28 23:32 中継 新大阪郵便局 大阪府
2018/03/29 17:13 中継 那覇中央郵便局 沖縄県
2018/03/30 08:48 到着 那覇郵便局(読谷) 沖縄県
2018/03/30 11:20 お届け先にお届け済み 那覇郵便局(読谷) 沖縄県

 

発送先や郵便物によっては「中継」が出ない

例えば、A市B区C町からA市B区D町に荷物を送る場合、管轄する郵便局が同じであれば、その郵便局内で荷物を振り分けします。そのため大きな郵便局を通す必要がないので、「中継」が履歴に出てくることはありません。

また、日本郵便が取り扱う郵便物はさまざまな種類がありますが、荷物の追跡ができるサービスのうち「中継」の追跡ステータスが出るのはゆうパックと書留郵便だけになります。

【追跡システムで「中継」が表示されない郵便物の種類】

  • レターパックライト
  • レターパックプラス
  • クリックポスト
  • ゆうパケット