ゆうパックなど郵便追跡の「持ち出し中」とは?届かない場合の対処法

日本郵便(郵便局)の追跡結果にある「持ち出し中」とは、”郵便局がお届けの荷物を配達しているところですよ”という意味です。追跡ステータスが「持ち出し中」であれば、基本的に当日中に荷物が届きます。

 

「持ち出し中」とは”郵便物を配達中ですよ”の意味

あなたの荷物を郵便局から持ち出して、配送車に荷物が積まれている状態のときにこのステータスが表示されます。ドライバーさんがゆうパックなどを配送トラックに乗せている状態で、基本的に当日中に荷物が届きます。

注意したいことは、時間指定などしていない場合だと持出中でも20~30分といった短時間に届くとは限らず、「持ち出し中」が長くなることもあります。時間帯指定のある荷物や配達ルート、天候などが優先されるので、「持ち出し中」の状態でもいつ届くのかは特定できません。

「持ち出し中」が長く荷物が来ない場合

基本的には、追跡ステータスが「持ち出し中」になれば、当日中に配達されますが、年末年始の繁忙期や道路の渋滞状況によっては営業時間内に郵便物が配達しきれずに、届け残しが出てお届けが遅い場合があります。

心配な場合は追跡ステータスに載っている郵便局に電話をして、追跡番号を伝えて荷物状況の確認をお願いすることができます。(問い合わせ窓口局の電話番号は同じ追跡結果の下に載っています。)

なお、普通郵便など追跡番号のないものは、荷物の状況確認ができないので注意しましょう。

【追跡システムで荷物状況の確認ができる郵便物の種類】
書留郵便 / ゆうパック / チルドゆうパック / ゴルフ・スキーゆうパック / レターパックライト / レターパックプラス / クリックポスト / ゆうパケット / ゆうゆうメルカリ便 / かんたんラクマパック

郵便物によって受け取りに印鑑かサインが必要!

ゆうパック 持ち出し中
追跡ステータスが「持ち出し中」となっている場合、配達されるまであとわずかなのですが、郵便局の送り方によって配達方法が違うので注意が必要です。

よくあるのは、配達員が手渡ししてくれると思い、いつまでたっても届かない、時間が長いと心配になることです。ポスト投函になっている郵便物は、郵便受けをチェックしないといけないので注意してください。

対面手渡しで配達される郵便物(受け取りに捺印か署名が必要です)

  • ゆうパック
  • チルドゆうパック
  • ゴルフ・スキーゆうパック
  • レターパックプラス
  • 書留郵便
  • ゆうゆうメルカリ便(ゆうパックサイズ)

郵便受け・宅配BOXに配達される郵便物(受け取りに捺印や署名はいりません)

  • レターパックライト
  • クリックポスト
  • ゆうパケット
  • クリックポスト
  • ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケットサイズ)
  • かんたんラクマパック(ゆうパケットサイズ)

不在時の場合は「ご不在のため持ち戻り」に

荷物が配達されても不在の場合は、「持ち出し中」から「ご不在のため持ち戻り」の配達ステータスに変更されます。この場合、郵便受けに投函された不在票を手元において再配達依頼をかけてください。荷物が郵便局に保管されるのは7日間以内で、その後は差出人に返送されます。

「到着」から「持ち出し中」に変わらない場合

荷物がお届け先の管轄郵便局に届いた「到着」の配達ステータスが、時間がたっても「持ち出し中」に変わらない場合があります。

これは、①荷物が多いために積み残しがある、②配達を担当する管轄郵便局に荷物が夜間に到着したために郵便局内に留まっている、といった理由によるものです。

少しでも早く郵便物を受け取りたい場合は、追跡ステータスの下側にある「問い合わせ窓口局」の「配達」にある取扱局に連絡をして、追跡番号を伝えて配達時間の確認ができます。時間帯指定やいつ届けてもらえるのかは、配達ルートによって状況が異なるので、余裕をもって問い合わせするようにしましょう。