ヤマト運輸(クロネコヤマト)追跡|発送のまま変わらない場合の対策

ヤマト運輸 発送

ヤマト運輸の追跡結果にある「発送」とは、”配達センターが配達する荷物を預かりました”という意味です。”届け先住所に配達中”ということではありません

 

「発送」とは”荷物を配達ルートに載せました”という意味

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の追跡結果にある「発送」とは、家庭や職場でドライバーが集荷した荷物や、ヤマト運輸の営業所やコンビニに持ち込まれた荷物が、配送センターで受付されたことを意味します。

配達ステータスの「発送」を”荷物を受け取る人の住所に配送中”と誤解すると、”半日以上待っても荷物が届かない…”ということになってしまうので、注意が必要です。

【ヤマト運輸の追跡ができるサービス】
宅急便 / 宅急便コンパクト / クール宅急便 / ネコポス / クロネコDM便 / らくらくメルカリ便 / かんたんラクマパック / ヤフネコパック

 

「発送から変わらない」と不安になった時の対策

ヤマト運輸の宅急便は翌日か翌々日には配達されるサービスですが、詳しい配達ルートが反映されないので、「発送」のまま表示が変わらない…と不安に思う方が多いようです。

配送センターに集められた多くの荷物はまとめてトラックに積み込まれて、その地域全体を取り仕切るベース店(集約場所)に運ばれます。

そのベース店から各地域の「ベース店」に向けて荷物が振り分けられるまで「発送」から動かないので、”想像以上に時間がかかっている”と心配になるかもしれません。

 

荷物状況 日付 時刻 担当店名 担当店コード
発送 10/01 15:10 神戸鹿の子台センター 066394
作業店通過 10/01 19:50 兵庫ベース店 066990
 icon-archive 配達完了 10/2 9:27 岡崎土井センター 053211

 

上のデータは、実際に自宅に荷物を引き取ってもらった時の配達状況ですが、神戸鹿の子台センターから兵庫ベース店までは、車で約10分の距離なのにステータスが変わるのに4時間以上もかかっています。

これは、ヤマト運輸の配達センターからベース店に運ぶ回数や時刻が決まっていることや、ベース店での振り分けの作業を考えると、「発送」から次の配達ステータスに変わるまでにある程度の時間が必要だからです。

ただし、1日以上経っても「発送」から変わらない場合は、
・荷物があるのに、データが正しく処理されていない
・配達センターかベース店で荷物が紛失した
という可能性があるので、追跡結果画面の右側にある「担当店コード」の電話番号に問い合わせてみましょう。

お問合せ先はこちらの「宅急便センターコード/店舗名から探す」から検索できます。