ヤマト運輸(クロネコヤマト)の作業店通過とは?変わらない時の対策

ヤマト運輸 作業店通過

クロネコヤマト(ヤマト運輸)の荷物お問い合わせシステムにある「作業店通過」とは、”宅急便が輸送途中の経由地になる作業店を荷物が通過した”という意味です。


【ヤマト運輸の追跡ができるサービス】

宅急便 / 宅急便コンパクト / クール宅急便 / ネコポス / クロネコDM便 / らくらくメルカリ便 / かんたんラクマパック / ヤフネコパック

「作業店通過」のまま変わらないのは、配達中ということ

クロネコヤマトの宅急便は、地域の集配を担当する配送センター(配達店)から届け出先の集配を担当する配送センターに直接届けられるのではありません。

各地域にある「ベース店」(集約場所)にいったん荷物が集められ、各地域の「ベース店」に向けて荷物が振り分けられていきます。

ヤマト運輸の追跡結果に表示されるステータスは、「荷物受付」→「発送」→「作業店通過」→「配達完了」という流れですが、宅急便を運んでいる最中は「移動中」といった表示はなく、作業店通過のままで表示は作業店通過から動かないのです。

配達地域のベース店を出た荷物が配達を担当する地域の配達店に到着すると、各担当エリアごとのトラックに積み分けられて、ドライバーさんが各家庭や会社などのお届け先に荷物を配達する流れとなっています。

作業店通過から届くまで、いつ届くのか知りたい

ヤマト運輸 追跡

残念ながら、作業店を経由した荷物がいつ届くのかは、追跡結果だけでは届くまでの日にちわかりません。

けれど、宅急便の配達にかかる日数をヤマト運輸の公式サイトで確認してみると、追跡結果から受け取り日の目安をだいたい予測してみることができます。

もし配達状況がお届け先に近い作業店を通過した場合や、同じ県内や同じ地方同士のお届けなら当日または24時間以内に届きます。

反対に、配達する距離が遠い場合は、「作業店通過」になってから次のステータスに変わるまでに時間がかかります。

特に沖縄や離島など海路を利用してのお届けの場合、天候の影響を受けやすく、通常の日程よりも時間がかかる場合があります。

24時間営業の作業店(ベース店)で受け取る方法

少しでも早く荷物を受け取りたい、そんな場合はご自身で作業店に行って荷物を受け取りができます。24時間、荷物の発送・受取ができる直営店なら、早朝や深夜でも時間を気にせずに、いつでも荷物の受け取りができます。

直営店での受け取りを希望する場合は、次の方法があります。

①発送前
指定の直営店の郵便番号・住所・直営店名と、引き取りに行く人の氏名・電話番号を、送り状のお届け先欄に記入します。

②発送後
クロネコヤマトに電話をしてお問合せ送り状番号を伝えて、お届け先を指定の直営店に変更してもらうように依頼します。

 

指定の宅急便直営店へ来店する前に、クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステムで配達状況が 「ご来店予定(保管中)」となっていることを確認の上、荷物を引き取りに行きます。

24時間対応の作業店はこちら