ヤマト運輸 追跡|お問い合わせ番号・再配達依頼・追跡ステータス


ヤマト運輸追跡サービスのお問い合わせ番号

追跡サービスでは「荷物がいつどこの営業所で受け取られて、今どの付近を移動中なのか」を調べることができます。通販やネットオークションなどで購入した物が、いつ届けられるのかなどを確認したい時にも使えて便利です。

追跡サービスを利用するには、荷物を発送するときに住所や氏名を記入した送り状を参考にします。お問い合わせ番号とは、この送り状の右上に四角の枠があり、印字されている12桁の伝票番号を指します。通販などで購入した場合は、お店からの発送メールでお問い合わせ番号を確認できます。

ヤマト運輸の追跡サービスの入力手順

追跡サービスの追跡番号は、ヤマト運輸のドライバーが荷物を受け取った時に番号が反映されるシステムになっています。ただし電波状況によっては、荷物を受け取ってから反映されるまでに時間がかかることがあります。

公式サイトで確認する

(1)ヤマト運輸の公式サイトにアクセス、「荷物のお問合せ」をクリックします。
(2)お問い合わせ番号を半角数字(ハイフン有でも無しでもOK)で入力します。
(3)「お問い合わせ開始」ボタンをクリックしてください。

Googleの「検索画面」でも佐川追跡が可能!

Googleの検索画面から荷物の追跡をすることも可能です。ヤマト運輸の公式サイトを開いて検索するより、手軽に追跡できます。
(1)Googleの検索画面にアクセスします。
(2)検索窓に「ヤマト(スペース)12桁の追跡番号」(ハイフン有でも無しでもOK)を入力し検索します。
   例えば「ヤマト 1234-5678-9012」または「ヤマト 123456789012」と入力して検索をすれば、追跡情報が表示されます。
(3)「ヤマト運輸の荷物 (12桁の追跡番号) を追跡」と青字で表示された文字をクリックしてください。

ヤマト運輸の再配達の受け取り方

不在時にヤマト運輸で荷物が届いた時には、「不在通知」が郵便受けに入っています。この不在票が入っている場合、ヤマト運輸の荷物を配達してもらうには、次の4つの方法があります。

(1)インターネットで再配達を申し込む

スマホやパソコンでヤマト運輸の公式ホームページにアクセスし、ホームーページの上部にある「荷物を受け取る」という文字ををクリックします。「インターネット受付」など3つの依頼方法が選べますが、ここでは「インターネット受付」をクリックします。「クロネコメンバーズにログインする」方法と「ゲスト利用する」方法があり、クロネコメンバーズでなければゲスト利用を使います。

次画面では、伝票番号を入力する空欄に伝票番号を番号を半角で入力、再配達の日時を指定できるページで希望の日や時間帯を選択します。

(2)自動音声受付を利用する

不在票に書かれている再配達自動受付センターの電話番号に連絡して、再配達の希望日時を伝えます。固定電話は「0120」、携帯電話は「0570」から始まる電話番号になるので、かけ間違いに注意しましょう。

(3)担当ドライバーに連絡する

不在通知には、配達を担当したドライバーの名前と携帯番号が記入されている場合があります。その電話番号に連絡すると、担当ドライバーと直接再配達の依頼ができます。

(4)担当サービスセンターへ取りに行く

担当サービスセンター(営業所)に直接取りに行く場合、「不在票」「印鑑」「身分を証明できるもの」が必要です。身分を証明できるものとは、運転免許証、学生証、保険証などです。受け取る荷物が移動中のトラックに積まれていることもあるので、営業所に行く前に電話連絡しておくと安心です。

配達ステータスの言葉の意味

通常は、「発送」→「作業店通過」→「配達中」→「配達完了」という流れで段階が変わります。「発送」の前に「荷物受付」というステータスが表示されることもあります。その他のステータスも併せて紹介していきます。

発送

家庭や職場でドライバーが集荷した荷物や、ヤマト運輸の営業所やコンビニに持ち込まれた荷物が、配送センターで受付受理されたことを表します。”届け先住所に配達中”ということではありません。

作業店通過

クロネコヤマトの宅急便は、各地域にある「ベース店」(集約場所)にいったん荷物が集められ、各地域の「ベース店」に向けて荷物が振り分けられます。「作業店通過」とは、”宅急便が輸送途中の経由地になる作業店を荷物が通過した”という意味です。

配達中

荷物を配送センターから持ち出されて、配送車に荷物が積まれている状態のときに表示されます。「配達中」の場合、配送トラックにある荷物は配達エリアを移動中で、基本的に当日中に荷物が届きます。

持戻り(ご不在)

お届け先に配達したものの、不在のため荷物を手渡しできなかった場合に表示されます。「持戻」には、「持戻」「持戻(ご不在)」「持戻(ポスト投函不可)」「持戻(休業)」「持戻(転居)」といった理由が添えられますが、どの場合でも担当店になる宅急便センターに荷物が保管されています。宅急便は7日間、配達担当の営業所で保管されますが、7日以内に受取人へ配達できない場合は差出人へ返送されます。

配達完了

荷物の配達が完了した時に表示されます。もし不在で荷物を営業所に持ち帰った場合は「持戻り」の追跡ステータスになるので、直接受け取っていない場合は郵便受けや宅配BOXの中を確認してみてください。荷物が届いていないのに「配達完了」になっている時は、荷物状況の欄が「配達完了」になっている郵便局へ連絡して状況確認をしましょう。